城島FA宣言!
    2005年 10月 31日
ソフトバンクの城島健司捕手(29)が31日、
FA権を行使して米大リーグに挑戦することを正式に表明した。

城島選手は…
「長年、プロ野球の一線でプレーした証しがFA権と思っていた。
FA宣言して、メジャーと交渉のテーブルに正式につけるということ。
正捕手として獲得してくれる球団が条件になる」
と米国移籍の希望を話した。

また、移籍の条件が整わない場合には
ソフトバンクに残留する考えをあらためて明言した。

今季の城島選手は、右肩痛に悩まされ…9月には左すねを骨折。
今季は116試合の出場に終わり、パ・リーグプレーオフも出場できなかった。
このため、ソフトバンクはFA宣言の1年先送りなどを提案して慰留に努めたが、
城島はメジャー挑戦という夢を捨てきれなかった。

もし!城島選手が大リーグに行くとなれば
“日本人初メジャーキャッチャー”が誕生する。是非行ってもらいたい!!

が、王監督は…
「野球人として常に高いレベルに挑戦したいという気持ちの表れとしてとらえている。チームを預かる者としては残留を熱望しているが、じっくりと考えて進む道を決めてほしい」と複雑な気持ちであろう。
[PR]
by hide-cite | 2005-10-31 17:09 | 野球
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31