亀田(兄)ワールド!!
    2006年 03月 10日
e0007617_19571393.jpg
興毅ワールドは一日では収まらなかった!

前日のプロ10戦目。
初めて午後9時からのゴールデンタイムで中継したTBSテレビの視聴率は、右肩上がりで伸び続け、平均24.8%を記録。

瞬間最高は…
WBC世界フライ級13位カルロス・ボウチャン(メキシコ)を
攻め立てた5R終盤を映していた午後8時42分、31.8%にまで達した!
その次の6Rでボディーアッパーでマットに沈めてみせた。

一夜明けた協栄ジムに現れた亀田は…
「カリスマのひと言やな。ゴールデン(タイム)やし、15%くらいと思ってた」

同時間帯に放映された他局の人気ドラマを完全制圧する恐るべき数字。
自らの予想もはるかに超える結果に、満足顔(^O^)

さて!これが世界戦となったら…。放映権を持つ同局関係者は、
「ノンタイトルの試合でこうなんだから」と。

そこで、すぐさまビッグプランを口にした。世界挑戦にもっとも慎重派
だったトレーナーでもある父・史郎さん(40)も、前日の試合内容をみて
9月の世界初挑戦にゴーサインを出したことで「東京ドーム」でやるという
ビックプランが挙がってきたというのだ。

東京ドームといえば…
当時、統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)が2度防衛戦を行い、
その前座で辰吉丈一郎(大阪帝拳)らが出場したことはあるが、
日本人選手がメーンで登場となると史上初の快挙!
協栄ジム・金平桂一郎会長(40)は同日、世界前哨戦となる次戦を5月5日、
東京・有明コロシアムで行うと発表した。

亀田は…「世界戦はヤバいな。(視聴率)40%はいくで」
(ヤバイの意味が違うのか!?)


次戦5月5日は「こどもの日」。大型連休のど真ん中とあって、
亀田は「ゴールデンウイークのプランに入れてもらって、“こどもの日”やから、
子供たちにぎょうさん来てもらえたらうれしいな」

昨年11月の試合(さいたまスーパーアリーナ)では
「小学生らを招待する1000席を用意した“闘拳シート”」の復活も計画され、

父・史郎さんは…
「ちっちゃなコイノボリを子供たちに配って、応援してもらおう。
かしわもちを配ってもええで」
とコメントを残した。
[PR]
by hide-cite | 2006-03-10 19:59 | 格闘技
<< お知らせ           
   
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30