早実…夢叶う!!
    2006年 08月 22日
第88回全国高校野球選手権大会最終日は21日、
駒大苫小牧(南北海道)-早実(西東京)の決勝再試合を行い、
早実が4-3で勝った(><)
1915年の第1回大会から通算27度目の出場、3度目の決勝進出で
悲願の全国制覇を果たした。早実は春の選抜大会では、
57年に王貞治・現ソフトバンク監督を擁して優勝している。

王先輩、荒木先輩の思いを背負って…
144キロの直球!斎藤の夏の甲子園通算948球目。
宿命ともいえる最後のバッターは田中…田中のバットが空を切り、
2日間にわたる激闘に幕が下りた。クールで鳴らす男も、さすがに涙をこらえられない。

「今までで一番うれしい」
涙声で言葉になっていなかったが、確かにそう言った。

「本当に4日連投なのか?」
9回になっても140キロ以上の直球を投げ込み、スライダーの切れる。
「疲れはあったけれど、最後は気持ちでした」
九回に中沢に2点本塁打を浴びて1点差に迫られた!!

その時、ピッチャーマウンドに内野手が集まった。
皆で一呼吸し空を見詰め、落ち着きを取り戻した。
印象的なシーンだった!!

「先輩の思いが斎藤に乗り移っていたようだった。
斎藤を支えるチームメートも想像以上だった」

和泉監督の目は潤んでいた。

そんな恩師にエースは…
「ここまで成長できたのは監督のおかげ。勝ったことよりも、
監督に優勝させてあげたことの方が…」
と、泣かせるセリフを口にした。

1915年の第1回大会から数えて、27度目の出場で勝ち取った全国制覇。
あと一歩まで迫った駒大苫小牧の3連覇を止め、伝統校に初優勝をもたらしたのは、
超人的なスタミナで淡々と投げ続けた右腕だった。

「王先輩も荒木先輩もなし得なかった優勝を達成できた」
喜びに浸る斎藤の後方、三塁側アルプス席では応援歌「紺碧の空」の大合唱。
その光景が歴史に1ページが刻まれたことを物語っていた。

e0007617_0184814.jpg

両校の選手、監督、コーチ、応援団…感動をありがとう☆
ダイジェスト番組を観ていても涙が止まらない(TT)
[PR]
by hide-cite | 2006-08-22 00:20 | 野球
<< 青のハンドタオル           
   
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31