2005年 09月 27日 ( 1 )
   
「甲子園への遺言」
    2005年 09月 27日
先日、お客さんからこんな本を薦められました
「甲子園への遺言」
スポーツ好きなら読んでごらん!との事。

e0007617_15344763.jpg
出版社 / 著者からの内容紹介
のべ30人以上のタイトルホルダーを育てあげた天才打撃
コーチが、教え子たちの心の中に遺したものとは。

「読みました。泣きました。こんなにすばらしい野球人がいたことを、1人でも多くの方に知ってほしい」
長嶋茂雄氏大絶賛!



平成16年夏、1人の高校教師が膵臓癌で亡くなりました。
還暦を迎えて半年足らず、まだ60歳でした。
その高校教師には、特異な経歴がありました。

なんと約30年にわたって、プロ野球の打撃コーチを務めたのです。
渡り歩いた球団は、南海、ロッテ、ヤクルト、ダイエー、中日、オリックス、
そして千葉ロッテ。

野球の質が、パワーから技術へ、そして諜報戦から総合戦へ、
さまざまに形状を変えていく中、彼は常にその最前線にいました。

そして、7つの球団で独特の打撃理論と卓抜した洞察力を駆使して選手たちの
指導をおこない、時に相談に乗り、汗と涙を共有しながら、気がつけば、
のべ30人以上のタイトルホルダーを育て上げていました。

しかし、その伝説の打撃コーチは、50代半ばで一念発起し、
高校教師になるために通信教育で勉強を始めます。
そして5年かかって教員免許を取得し、社会科教師として教壇に上がり、
「甲子園」を目指しました。その人の名は、高畠導広さんといいます。
…<「はじめに」より>

早速、買いに行こうと思います☆
[PR]
by hide-cite | 2005-09-27 15:37 | スポーツ