カテゴリ:格闘技( 30 )
   
"神様"カールゴッチ死去
    2007年 07月 30日
こちらのブログを止めようと思っていました。
でも悲しいニュースがあったので、ブログに残しておこうと…。 

「プロレスの神様」カール・ゴッチ氏が28日(日本時間29日)、
米国フロリダ州タンパの自宅で死去。82歳だった。死因は肺炎であろう。

新日本プロレスをアントニオ猪木を支えた神様。
今の新日本プロレスの歴史はゴッチさんがいたからであろう。

現在はウエイトトレーニングをしてカラダを作る。見せることが多い中、
ボディウエイトでトレーニングでナチュラルなカラダ作りをしていた。
そのトレーニング内容は半端無く厳しかったらしい…。
本人は80歳を過ぎても毎日、腕立て伏せ200回をこなす。

アントニオ猪木のコメント…
「体が悪いのは聞いていたが、亡くなられたことには言葉もありません。
もっと長生きしてほしかった」
と落胆の色を隠せなかった。
卍固めはゴッチさんから伝授された!
(別名 オクトパスホールド…タコのように絡みつくの意味)

黒いショートタイツを履いたストロングスタイルの神様。
天国のルーテーズと戦ってください。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by hide-cite | 2007-07-30 11:49 | 格闘技
ボクサー小口…次の相手は?
    2006年 12月 06日
かつらボクサーが…!!

スーパーフェザー級8回戦で日下研也(27=セレス)と対戦する
小口雅之(29=草加有沢)が、前日計量に臨みリミット58・9キロで一発パス。

頭髪が自生する後頭部に☆マークと2本のラインの切り込みを入れた!!

小口くんは…
「今の彼女と知り合ったのが七夕だったから。私生活も充実しているし頑張りたいですね」
ラインは天の川を表し、星は織り姫を表現。
初観戦に訪れる最愛の人への思いがにじむ。

注目のヅラ・パフォーマンスでは、
彼女が大好きなKAT―TUNの亀梨和也を意識したかつらを用意。
「髪形は似てても、顔は亀梨になれませんからね。KOで格好いいところを見せたいです」
そう謙虚に話す小口が、ラブパワーで大暴れする。
[PR]
by hide-cite | 2006-12-06 13:08 | 格闘技
修斗…先輩現る?!
    2006年 10月 10日
安達さん強い!!
以前いたスポーツクラブの先輩です(^-^)
同じ店舗で仕事をしたことは無いのですが、
昔からガタイがデカかった☆

試合結果は…

ライトヘビー級 2ラウンド
△安達明彦(日本/パラエストラ松戸)82.4kg
 2R判定 0-1
△村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場)82.6kg
※菅野19-19、小方19-20、鈴木19-19



入社した時は、長渕ファンの先輩と兄弟かと思った!

40歳とは思えないカラダの張り☆
これからも頑張って下さい。

詳しくは下記のサイトを見て下さい。
ファンになること間違いなし(^O^)/

修斗オフィシャルサイトはコチラ
[PR]
by hide-cite | 2006-10-10 00:50 | 格闘技
金子賢…今度はHERO’S
    2006年 09月 19日
俳優の金子賢(29)がHERO’S(10月9日、横浜アリーナ)に
参戦することが19日、発表された。

金子は昨年大みそかのPRIDE男祭りのベネット戦で格闘家デビュー。
その後も、芸能活動を休止して、トレーニングを続けてきた。

現在、午前は桜庭和志から寝技、午後は魔裟斗から立ち技を学ぶ。
英才教育の成果もあり、技術的な進歩も進んでいるという。

金子は…
「早く試合がしたい。不安はない」と意気込んだ。

対戦相手としては所英男須藤元気と、HERO’Sの看板選手を指名していた。
[PR]
by hide-cite | 2006-09-19 23:24 | 格闘技
悲願…ミルコ
    2006年 09月 11日
e0007617_16484585.jpgついに、頂点にたどりついた。
長い険しい道のり…
どうしても欲しかったプライドのベルト…。

右目上をカットして滴り落ちる鮮血もそのままに、ミルコがリング上で涙。

「もしヒョードルがこのリングにいても、オレが勝っていたはずだ。
きょうは神が与えてくれたオレの日だったから…」

当初、今回のGPに参戦する予定だったヒョードルが右拳の負傷で欠場。
宿敵へのリベンジを胸に抱え、本命不在の混戦を歯を食いしばって勝ち上がる。
ヒョードルへ借りを返す、大みそか「男祭り」での挑戦権もゲットした。

4度目のトライで“無冠の帝王”を返上だ。
くしくも、この日は32歳の誕生日。自ら祝砲をあげ、
「生涯最高の日。いままで支えてくれたみんなに感謝したい」
震える声で満員のファンに頭を下げた。

今大会に向け、母国・プーラで海浜トレーニングを敢行。
体重を約3キロ絞り込んだ。前日の計量、会見はキャンセル。
最後まで体調管理を最優先させる徹底ぶり。

勝ち上がった4戦士のなかで、102.3キロに増量したPRIDEミドル級王者ヴァンダレイ・シウバ(30)=ブラジル=よりさらに軽い、最軽量の100.4キロでリングに立った。

準決勝では02年4月に引き分けたシウバを蹴殺。
決勝はパンチでバーネットの心を砕き、対戦成績を3戦3勝とした。

ミルコおめでとう!
しかし!2年前ロス~東京行きの飛行機でバーネットを見かけて話しをした。
「頑張って!!」の一言に
「ガンバリマ~ス」と応えてくれたバーネット。
次こそは取ってくれ(^-^)
e0007617_16551466.jpg

[PR]
by hide-cite | 2006-09-11 16:55 | 格闘技
本日世界戦!!
    2006年 08月 02日
e0007617_732195.jpg“マジギレ”

亀田興毅の前日計量が1日、都内で行われた。

初の世界挑戦に臨む興毅(19)が、
対戦相手であるフアン・ランダエタ(27)から

「紙おむつ」「おしゃぶり」を贈られる屈辱に怒り心頭!!

左拳で叩き落とし、無言で退場した。
計量は亀田がリミット(48.9キロ)、ランダエタは100グラムアンダーで
それぞれ一発クリアした。



事件が起きたのはスケール(秤)を降りたときだった(><)
(実際は秤に乗ろうとした時から、ランダエタは渡そうとしていた。
しかし係員に「待て」と言わんばかりに静止されていたが…)

隣に立ったランダエタが「カメダ・カメダ」と呼び止め、何かを手渡そうとした。
その贈り物に視線を落とした亀田の表情が、みるみる険しくなっていく。

「なんじゃ、オラー!! オイ、こら、カモン!ベイイビ~」と叫んで詰め寄る。
まさに、一触即発。

激怒した父の史郎トレーナー(41)も「お前がやったれや」と、
拾った紙おむつをランダエタ陣営に向かって投げつけた。


それだけでは終わらなかった…
史郎さんが両者に握手を促したが、
ランダエタは「明日だ、明日」と受け流して拒否。

興毅は…
「俺の方が握力があるから握り潰したらアカン」
と相変らずのコメント(^O^)

一筋縄では行かない世界戦!
それを呆気なくやってしまうであろう亀田興毅☆
「オヤジの為…兄弟の為にベルトを取る!チャンピオンになったる!!」
この夢が今日叶うO(^-^)O
[PR]
by hide-cite | 2006-08-02 07:32 | 格闘技
小橋建太…入院!!
    2006年 06月 30日
プロレス界に衝撃走る!!

ノアは29日、GHCタッグ王者小橋建太が
腎腫瘍(しゅよう)摘出手術のため、無期限欠場すると発表した。

会見した三沢光晴社長によると、19日の定期健康診断で影が映り、
22日にCTスキャンの精密検査を受けた。24日に結果が出たが、
右腎盂(じんう)に4~5センチの腫瘍があり、悪性の可能性も濃いという。

小橋は手術を受ける病院が決まるまで、横浜市の自宅で静養する予定。
三沢社長は即座に欠場させ、治療に専念させることを決断。

「強い人間なので、気持ちが折れることはないと思う。復帰へ向けて頑張ってくれる。それを信じて、僕らも願うしかない」と話した。
7月16日の武道館大会の高山善広の復帰戦などのカードは白紙に戻し、
決定次第、発表される。
e0007617_15515.jpg

写真:6/5 GHCタッグのベルトを奪取したばかりだったのに…

NOAHのHPより
●小橋建太選手コメント
急な欠場となり、ファンの皆さん、関係各位、そして復帰戦で自分とのタッグを希望してくれた高山選手、またその試合を楽しみにしてくださっていた方々へご迷惑をお掛けすることを大変申し訳なく思います。
自分自身にとってもあまりに突然のことで、今の心境を上手く言葉にすることができません。
小橋建太を応援してくださるファンの皆さん、本当にすみません。
試合には出れませんが、皆さんからのご声援を励みに、治ると信じて病気と戦っていきたいと思います。
これからも小橋建太、そしてプロレスリング・ノアへのご声援をお願いいたします。


2006年6月29日(木)
株式会社 プロレスリング・ノア
小橋建太

復帰するまで時間が掛かると思いますが、
小橋選手の“折れない心”で乗り越えてくれると信じています。
[PR]
by hide-cite | 2006-06-30 01:10 | 格闘技
PRIDE消滅!!
    2006年 06月 06日
ビックリニュースが飛び込んできた!!

PRIDEを主催するドリームステージエンターテインメント(DSE)が5日、
フジテレビから突然PRIDEに関する放送とイベントの契約解除を申し入れられた。

フジテレビは00年から中継を行ってきたが…
「契約を継続するにあたり、不適切な事象が起きているとの疑惑が強くなり、
これが契約違反に当たると判断した。今後は同ソフトの放送およびイベント開催
への関与を中止する」
と発表!!

もちろん「PRIDE」「PRIDE武士道」の放送中止。
尚且つ「SRS」(金曜深夜)内でもPRIDEの情報を一切流さないことを決めた。
って事は…大みそかの「PRIDE男祭り」も中止?!


DSE側は…
「今、調査している。弁護士と相談し事実確認を急いでいる」
突然の出来事に混乱した様子。

格闘技を観る側としても突然の出来事にビックリ(><)
TBSはHIRO’s…
って事はテレビ朝日が狙うか?新日本プロレスの選手も出るか!?
[PR]
by hide-cite | 2006-06-06 09:45 | 格闘技
亀田兄弟のライバル!? 前川4兄弟☆
    2006年 05月 09日
5月7日(日)TBSテレビの『Jスポーツ』で
“前川4兄弟”の特集が組まれていました。

あしたのジョー好きの父が子供のプレゼントに贈ったボクシンググローブ。
それを子供たちがメチャメチャ気に入って、ボクシングを始めたそうです。

家にはお手製のトレーニングスペース
矢吹丈のマネキン(?)があった。

彼らの目標は…
『亀田を引退させてやる』 とドデカイ目標があるらしい(^-^)

今は父が4兄弟を育てています。
…優しかった母。毎日ボクシングジムに送迎していた母親は亡くなってしまいました。


長男:前川龍生(リュウキ)
生年月日:1995.1.20
小学5年

次男:前川龍斗(リュウト)
生年月日:1996.1.21
小学4年

三男:前川廉(レン)
生年月日:1997.5.30
小学2年

四男:前川陸(リク)
生年月日:1999.3.21
小学1年

赤坂ボクシングジムはコチラ 
[PR]
by hide-cite | 2006-05-09 02:12 | 格闘技
亀田一族は強すぎる!
    2006年 05月 07日
次男・大毅…

1R1分過ぎ、左ボディー3連打でキティポップからダウンを奪う!
立ち上がった相手に左フックから、またまた左ボディーを浴びせ、
わずか91秒でプロ3戦目を飾った(^O^)

「今回はごっつい緊張した。でも、これからKOを続けていって、
弁慶というものを見せつける。最高にうれしいよ」


4月17日のプロ2戦目は6回判定勝利。
「自分のパンチに自信を持ってたから、判定(決着)には落ち込んだよ」
異例中の異例!1ヶ月も経たないのに3戦目が決まった!そして勝利☆

試合後はお待ちかね“大毅・オン・ステージ”に変わった。
KO勝利した後には、リング上で熱唱するお約束のパフォーマンス(^-^)
ハウンドドッグの名曲「ff(フォルテシモ)」を歌った!

2戦目は違う曲を用意したため、KOに失敗。
「古い曲やからオレは知らんかった。オヤジに教えてもらってん」興毅とともにカラオケボックスで練習した曲は、試合時間よりもはるかに長いステージとなった。

協栄ジム・金平桂一郎会長から試合後、賞金100万円を手渡された。
「どうしよかな。貯金かな」
この世に生を受けたのは昭和64年1月6日。翌日から元号は平成になった。
「オレは昭和最後の大物や。だからデカいことやったる」次戦は6月にも予定する。兄と2人、世界王者を目指す暴れん坊の二男が、
最高の再スタートを切った。
e0007617_148024.jpg


そして
長男・興毅…
大毅の1回KO勝ちを控室のモニターで見た!
戻ってきた大毅と拳と拳でハイタッチ!!

ハウンドドッグのボーカリスト、大友康平の呼び出しアナウンスを受け入場。

1Rは珍しく相手の出方を伺うような展開。
2R45秒過ぎ!野獣が目を覚ました☆
ボディーからの左フック一発でファハルドをキャンバスに沈める。
立ち上がった相手に追撃。ロープに追いつめると、勝負を決める猛ラッシュ。
レフェリーストップ!!

ニュートラルコーナーに駆け上がり、勝利の雄叫び(><)
「どんなもんじゃい!!」

会場を埋め尽くした満員の1万人のファンに向かって、誇らしげに胸を張りながら
「あー、気持ちよかった。みんな、ありがとう! 最高の亀田の日や!」
ファンに感謝を伝えると、お待ちかねのパフォーマンス、観客とともに「シャーッ!」
“1万人シャウト”に、会場全体がひとつになって興奮の余韻に浸った。


興毅に対し、日ごろは厳しく慎重な評価を下す父・史郎トレーナー(40)…
この日ばかりは違っていた。
「まとめるとこはまとめとるし、冷静になってるし、よかった、よかった。
世界は確実に獲らなアカン。けど、きょうのファイトはスゴい」


22日に41歳の誕生日を迎える父も、最高の前祝いに目尻は下がりっぱなし。
苦言を呈する余地もない完勝に、事実上の世界挑戦へ“ゴーサイン”が出た。
e0007617_1483189.jpg
自分に足りないのは“経験と自覚”していた興毅も、
十分すぎる手応えを感じた“世界前哨戦最終章”。

「あとは興毅の気持ちだけ」(史郎さん)
19歳のボクサーが、その手で世界への扉をこじ開けた。
[PR]
by hide-cite | 2006-05-07 01:49 | 格闘技
          
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31