カテゴリ:スポーツ(女子)( 23 )
   
東京国際女子マラソン
    2006年 11月 20日
高橋直子惨敗!

スポーツ紙の殆どがこの話題。

2時間31分22秒…優勝した土佐からは5分も差があった!

30キロ過ぎ「ここからスパートか」と思われたが失速。

痛めていたふくらはぎ、気温10度しかも雨。

この雨の中、最初の給水で足に水を掛けていた。

3位で追走していた尾崎選手(資生堂)に抜かれたこともショックだったのでは?

ただ、こんな事でへこたれないのがQちゃんであろう。

北京まで調整をして必ずや復活するであろう☆

*「チームQ」のスタッフのチームワークは大丈夫か?
[PR]
“サー”の理由が明かされた!
    2006年 10月 31日
卓球の福原愛ちゃん!

スマスマにて…
「サー」は何で言うようになったのか?

『小学生の時は“ヨー”って叫んでいた!これは“ヨッシャー”から来ていた』

“サー”は?
『中学生のとき中国の選手が“サー”と言っていた…
これからの時代はこの叫びだ!!』

と確信したらしい(;^^A

何とも可愛い福原愛ちゃんなのでした☆
[PR]
安藤美姫…復活!
    2006年 10月 30日
フィギュアスケートのグランプリシリーズ!
第1戦のスケートアメリカ最終日…

トリノ五輪代表の安藤美姫(18)が前日のショートプログラム2位から逆転優勝!
グランプリ初優勝を飾った(^O^)

日本女子がこの大会を制覇するのは92年の佐藤有香以来、2人目☆
ショートプログラム首位の浅田真央(16)は3位に終わった。

「トリノで辞めるつもりだった…。」
その思いを消したのは荒川静香だった。

ウエイトを落とし、滑りにも安定感があり、自信が満ちていた!
“ミキティ”ではなく“舞姫・美姫”になっていた☆
[PR]
強い!女子バレー
    2006年 08月 20日
昨日のキューバ戦に続いて勝った!

日本は韓国を3-0(25-20、25-20、25-17)で破り、
2戦全勝とした。韓国は2連敗。

日本は韓国のブロックに苦しみながらも高橋みゆきの強打や
時間差攻撃などで第1セットを奪った。
競り合った第2セットも途中出場した落合のスパイクで流れを変え、
第3セットも押し切った。

大会3連覇を狙うブラジルはキューバを3-1で下し、2連勝した。

今日はブラジル戦(><)
ブラジルは強いが、流れを掴めれば勝機は必ずある。
打点の高いブロックは日本も負けてはいない!
[PR]
藍ちゃん王手!
    2006年 06月 12日
W杯もあるのだが…

全米女子プロ選手権(3日目)

宮里藍(20=サントリー)が優勝に向けて王手をかけた。

8位でスタートした第3ラウンドで69をマーク!
通算7アンダーでパット・ハースト(37=米国)と首位に並んだ(^O^)
集中力は乱れず、安定したショットで難コースを攻略。

藍ちゃん…
「すごく流れのいい1日だった。とにかくパットが良く決まって、
最後まで集中力を切らさずに回れた。明日は自信を持ってプレーしたい。
優勝したい」
と話した。

優勝賞金は27万ドル(約2970万円)
2004、2005年は女王ソレンスタムが優勝。
“我慢のゴルフ”で優勝できるだろうか?!
[PR]
有森裕子…競技生活終了
    2006年 05月 27日
「はじめて自分で自分をほめたいと思います」
この名台詞を覚えていますか?

1992年バルセロナ、96年アトランタ両五輪の女子マラソンで
連続メダルを獲得した有森裕子(39)=リクルートAC=が来年2月の
東京マラソンを最後に競技生活から身を引くことが分かった。

有森さんはその前に9月のベルリン・マラソンにも出場予定。
関係者によると、有森はこの2レースで
「競技者としては引退。区切りにしたい」と話しているという。

2001年東京国際女子を最後にマラソンを走っていなかった。
出場レースは練習の状況で変更する可能性もあるという。
引退後もゲストランナーとして大会に出場する予定である。

e0007617_12529.jpg

[PR]
新旧女王対決というが…
    2006年 02月 04日
東レ・パンパシフィック・オープン準決勝が東京体育館で行われた。
e0007617_20343845.jpg
ヒンギスは正確なショットで前回大会優勝の
マリア・シャラポワ(ロシア)に6-3、6-1で快勝した。


★復活印象づける快勝-注目の対決制したヒンギス

元世界女王のヒンギスが、2連覇を狙った世界ランキング4位のシャラポワを寄せ付けなかった。
「言葉にできないくらいうれしい」。復活を印象づける快勝に感激の表情をみせた。

狙い通りの試合展開だった。第1セットは序盤こそ一進一退が続いたが、
徐々にヒンギスのストロークがさえ始めた。「彼女を走らせること」という
作戦通り、正確なショットをライン際に打ち分けた。時にはロブで頭上を狙い
シャラポワを翻弄(ほんろう)。第1セットを6-3で取ると、一気に勢いに乗った。
「自分の読みが良くなっていくのを感じた」そうだ。

復帰後に戦いたい相手を聞かれると即座に「マリア」とシャラポワの名前を挙げていた。待望の対決に臨むにあたり、自分が勝つ試合を頭のなかでつくり上げていたという。

ヒンギスは…
「トップのプレーができることを確信した」と自信をのぞかせた。
自身のテニスがまだ世界で通用するという手応えをつかんだようだった。


★シャラポワ、ヒンギス復活の引き立て役?!

シャラポワはコートに戻ってきた元世界女王に手も足も出なかった。
2連覇を狙うどころかヒンギス復活の引き立て役になってしまった。

試合が始まると相手の良さばかりが目立った。
正確なショットの前に左右へ振り回され、ボールについて行くだけで精いっぱい。
自慢のサーブでも流れを引き寄せることができなかった。第1セットを奪われると
「第2セットは今までの自分のファイトがなかった」と…
完全に集中力が切れた(><)

ヒンギスについて
「素晴らしいショットを連発していた。
これまでの経験が生きているのだろう」
と、完敗を認めた。

新旧対決ではなく、「まだまだ私が女王よ」と言う感じ(^O^)
優勝したら「また乗馬でも始めよう」何て言わない事を願いましょう☆
[PR]
ガンを克服!そして代表へ…
    2006年 01月 14日
トリノ五輪代表の選考会は各国で行われている。
そんな中、1人の日本人選手が選ばれました。
その名は…

【井上怜奈(29)】1976年10月17日、兵庫県西宮市生まれ。
5歳の時に小児ぜんそく克服のため、医者にスケートか
水泳を勧められてスケートを選んだ。

新松戸南中3年の15歳4カ月で92年アルベールビル五輪にペア、
94年リレハンメル五輪はシングルで出場した。ジョン・ボルドウィンと組んで
出場した世界選手権は03、04年の10位が最高。149センチ、43キロ。

ペアのフリーを行い、昨年秋に米国籍を取得した井上怜奈(29)は
ジョン・ボルドウィンと組んで、ショートプログラム(SP)の4位から181・05点で
逆転優勝、米国代表になった。

井上は…「SPの失敗でがっかりはしたけど、引きずることはなかった。
これだけ練習してきたのだから、考えすぎずに体の記憶に任せようと思った。まさかもう1度(五輪出場が)あるなんて」
と話した。
e0007617_21231182.jpg
日本スケート連盟によると、日本代表で五輪に出場した選手が他の国・地域で五輪代表になるのは初めて。

98年に患った肺がんを克服しての快挙達成となった。同選手権の優勝者は、自動的に五輪代表となる。
[PR]
ビックリ!大友愛☆しかも…
    2006年 01月 13日
バレーボール女子の人気選手、大友愛(23=NEC)が13日、
ビーチバレーの山本辰生(29=ビーチウインズ)と結婚したことを発表!
2人は12日に婚姻届を提出した。

 お、大友は、妊娠2カ月で出産準備、育児専念のため今季のVリーグを欠場。
今後については、シーズン終了後に監督やチーム関係者と相談するとしている。
大友は日本代表のセンターとして活躍。
山本は、昨年のビーチバレーのアジアサーキット、同ジャパンでいずれも準優勝している。
[PR]
決定!フィギャア
    2005年 12月 25日
熾烈を極めたトリノ五輪代表は誰の手に…
e0007617_22253633.jpg
昨日行われた女子ショートプログラム(SP)2位の村主がフリーで1位となり逆転
合計194・16点で3大会ぶり5度目の優勝をした。SP1位の荒川が3位、3連覇を狙った安藤は4回転には挑まず6位だった。

代表選考は、対象となった大会の成績を基にしたポイント争いで上位となった
『安藤、村主、荒川』が順当に選ばれた。安藤は五輪初!村主は2大会連続2度目!荒川は2大会ぶり2度目の出場。


◆村主章枝…
「ほっとしているのと、あれもしなきゃ、これもしなきゃという思いもあるので整理しないと。本当に多くの方々の声援でトリノへの道をつなげることができた。」

◆荒川静香…
「正直、私よりも若い世代の五輪という感じが強かった。選ばれたからには、これからは自分の時代と受け止めて、トリノで大きな恩返しができるように頑張りたい。」

◆安藤美姫…
「全日本では悔しい思いをしての代表で、うれしいけど、もうちょっと頑張らないと。トリノまでにはもう一回り大きくなって頑張りたい。」

年齢制限で五輪の出場資格はない15歳の浅田真央ちゃんは、
女子では世界で初めて2度のトリプルアクセルに成功し、
188・10点で2位に入った。

そして…
日本スケート連盟の藤森光三副会長は25日、
東京・国立代々木競技場で記者会見を行い、年齢制限でトリノ五輪の出場資格がなかったフィギュア女子の15歳、浅田真央に関し、国際連盟(ISU)のチンクアンタ会長に特例での出場を非公式に打診していたが、認められなかったことを明らかにした。
[PR]
          
   
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30