カテゴリ:野球( 57 )
   
GODZILLA復活!!
    2006年 09月 14日
左手骨折から124日。
松井秀喜が帰ってきた(^O^)/


上位打線が機能しているため8番DHで出場。
第一打席…
「マツイ~」の名前がコールされると5万人の観衆が
スタンディングオベーションで松井をお出迎え☆

『ちょっとびっくりしたけど、非常に嬉しかった』と語る。

そして…センター前ヒット!!!!!!
詰まりながらも打てるのは松井の凄さ。

『骨に悪そうな当たりでしたけど、いいところに落ちてくれた』
と冗談も飛び出た(^-^)

松井の快進撃は1打席目だけではなかった…。
2、3、4打席全てヒットを叩き出した!!

『実は折れてなくて、ただ休んでいただけなんだ』
と久々に再会したナイン達を笑わせたそうだ。

気になる点がある…
投げ方が以前の松井とは違う…
リハビリでウエイトトレーニングをやり過ぎたのか、動きがおかしいい。
今はDHだが守備に疑問が残りそう…ファーストでもいいのかな?

“メカゴジラ”にならずナチュラルな“ゴジラ”で(^O^)/

[PR]
by hide-cite | 2006-09-14 08:56 | 野球
プロか?進学か?…斉藤佑樹
    2006年 09月 12日
東京・早実高のエース斎藤佑樹投手(18)は11日、
東京都国分寺市の同校で17時から記者会見を行いました。

斎藤は…
「プロ志望届は出しません。大学進学を希望します。」とキッパリ!
系列校の早稲田大に進学する予定。

進学に賛成!
今すぐプロ野球に行っても
プロ野球人気回復の為の“客寄せパンダ”になりそう。
進学して、早稲田大学で優勝して
いきなりメジャーでも良いのではないかな?

[PR]
by hide-cite | 2006-09-12 01:46 | 野球
青のハンドタオル
    2006年 08月 26日
高校野球は終わってしまったが、日米高校親善野球がある(^-^)

夏の甲子園を沸かせた球児たちが全日本合宿のため大阪に集結!

初顔合わせのぎこちない雰囲気を「青いハンドタオル」がほぐした。

優勝した早稲田実・斎藤佑樹投手のトレードマークとして有名になった
“あのタオル”(同じものはもう売ってないが…)

今治西の宇高幸治遊撃手が地元特産のハンドタオル20枚!!
をお土産に持参して選手全員に配った。

ハンドタオルで汗を拭く姿は、町なかでも見かける(^O^)
プロ野球選手もマネたり…。

一時のイナバウアーブームと同じかな?
[PR]
by hide-cite | 2006-08-26 01:45 | 野球
早実…夢叶う!!
    2006年 08月 22日
第88回全国高校野球選手権大会最終日は21日、
駒大苫小牧(南北海道)-早実(西東京)の決勝再試合を行い、
早実が4-3で勝った(><)
1915年の第1回大会から通算27度目の出場、3度目の決勝進出で
悲願の全国制覇を果たした。早実は春の選抜大会では、
57年に王貞治・現ソフトバンク監督を擁して優勝している。

王先輩、荒木先輩の思いを背負って…
144キロの直球!斎藤の夏の甲子園通算948球目。
宿命ともいえる最後のバッターは田中…田中のバットが空を切り、
2日間にわたる激闘に幕が下りた。クールで鳴らす男も、さすがに涙をこらえられない。

「今までで一番うれしい」
涙声で言葉になっていなかったが、確かにそう言った。

「本当に4日連投なのか?」
9回になっても140キロ以上の直球を投げ込み、スライダーの切れる。
「疲れはあったけれど、最後は気持ちでした」
九回に中沢に2点本塁打を浴びて1点差に迫られた!!

その時、ピッチャーマウンドに内野手が集まった。
皆で一呼吸し空を見詰め、落ち着きを取り戻した。
印象的なシーンだった!!

「先輩の思いが斎藤に乗り移っていたようだった。
斎藤を支えるチームメートも想像以上だった」

和泉監督の目は潤んでいた。

そんな恩師にエースは…
「ここまで成長できたのは監督のおかげ。勝ったことよりも、
監督に優勝させてあげたことの方が…」
と、泣かせるセリフを口にした。

1915年の第1回大会から数えて、27度目の出場で勝ち取った全国制覇。
あと一歩まで迫った駒大苫小牧の3連覇を止め、伝統校に初優勝をもたらしたのは、
超人的なスタミナで淡々と投げ続けた右腕だった。

「王先輩も荒木先輩もなし得なかった優勝を達成できた」
喜びに浸る斎藤の後方、三塁側アルプス席では応援歌「紺碧の空」の大合唱。
その光景が歴史に1ページが刻まれたことを物語っていた。

e0007617_0184814.jpg

両校の選手、監督、コーチ、応援団…感動をありがとう☆
ダイジェスト番組を観ていても涙が止まらない(TT)
[PR]
by hide-cite | 2006-08-22 00:20 | 野球
壮絶…高校野球
    2006年 08月 21日
第88回全国高校野球選手権大会は20日、
駒大苫小牧(南北海道)と早実(西東京)が互いに譲らず、
延長十五回1-1で引き分けて21日に再試合となった。

決勝での引き分け再試合は1969年の第51回大会で松山商(愛媛)と三沢(青森)の
延長十八回0-0(再試合は松山商が4-2)以来、37年ぶり2度目。


◆脇村春夫・日本高野連会長の話 
「乱打戦の多いこの大会で、ひときわ素晴らしい投手戦だった。球史に残る感動的な決勝戦で、まさに両チームに優勝旗をあげたい気持ちになった」

★早実OB王監督

早実OBのプロ野球ソフトバンク、王監督は全国高校野球選手権決勝の引き分け再試合の熱戦を「両チームとも死力を尽くし、夏の決勝戦にふさわしい球史に残るいい試合でした。両校ともお見事」と、球団広報を通じてたたえた。

胃がんの手術を受けて東京都内の病院に入院している王監督は母校の戦いをこれまで同様、病室でテレビ観戦した。21日の再試合へ「疲れを乗り越え、ここまで来たら、勝ち負けを考えず全力を挙げて戦ってください」と、エールを送った。


<引き分け再試合> 
春夏の甲子園大会では、1958年夏の第40回大会から延長十八回引き分け
再試合規定が設けられ、この大会の準々決勝、徳島商(徳島)-魚津(富山)が
第1号となった。
69年の第51回大会決勝では松山商(愛媛)-三沢(青森)が0-0で決着せず、
再試合は松山商が4-2で制した。2000年春から延長十五回打ち切りに規定が
変更された。夏の大会での引き分け再試合は今回4度目で、決勝では2度目。


☆第51回大会決勝で三沢のエースとして18回を投げ抜いた太田幸司氏の話 
「(自分の時は)疲れたとは思わなかったが、試合後には次の日のことを考えられなかった。食事も取れずに、水分ばかりを取った。当日になって観客を見たら、体が動いた。両チームには頑張ってほしい」

e0007617_1224864.jpg
e0007617_123856.jpg
[PR]
by hide-cite | 2006-08-21 01:23 | 野球
ジャイアンツ
    2006年 08月 05日
巨人が単独最下位に…。

最下位は昨年6月11日(広島と同率5位)以来だが、
8月以降では75、97年に次いで球団史上3度目。

原監督は…
「選手の一挙手一投足をしっかり記憶の中にとどめておかないと」
と厳しい表情(><)

今のジャイアンツに足りないものは
ガムシャラに野球をする事ではないのか?
自分が小学生のころ
「バッチ来いや~」「ピッチャービビッテる~」など
の声だしをしていたし

中学生時代の部活動では
「♪押せ押せ~」などの応援が仲間からあった。

ただプロの世界でこんな応援は出来ないであろう。
でもチームを盛り上げることが必要だし大切☆
それが誰なのか?
今のジャイアンツにはそのような人物が見当たらない。
[PR]
by hide-cite | 2006-08-05 07:12 | 野球
新庄らしさ(^O^)
    2006年 07月 22日
オールスター戦で新庄がやってくれました!!

なんと「光ベルト装着」
初回2死からの第1打席。

キラキラに光ったバットを持って登場!
腰には電飾を仕込んだ光ベルトを装着して打席へ入った。

バックル部分には電飾の
「NEVER MIND WHATEVER I DO FAN IS MY TREASURE」
のメッセージが流れるものだった。
意味は…
「ほっとけオレの人生だ。ファンはオレの宝物」
新庄らしさ爆発のベルトであった。

「何かをするだろう?!」ファンの期待に答えるべく、わざとベルトを締め直し、
その部分が球場の大型ビジョンに映し出されると球場全体が大歓声!
見事、その打席でセリーグ先発の中日川上から左越え二塁打を放った。

試合は、「全セ 3-1 全パ」であった。
[PR]
by hide-cite | 2006-07-22 01:34 | 野球
欽ちゃん球団解散!
    2006年 07月 20日
極楽とんぼ山本が犯した罪…色々なところで波紋を呼んでいる。

欽ちゃんは“萩本監督”として、取材に応じた。
トレードマークの垂れ目に涙が…
「事が事だけに山本が責められるだけの問題じゃない。大好きな野球だったけど、やめることにしました。ごめんなさい。みんな、ごめんね」衝撃的な解散発言だった。

昨年1月!
「野球界を元気にしたい」という熱い思いから、都市対抗出場を目指すクラブチームを立ち上げた。野球と笑いを両立させ、マイクを握り球場を盛り上げるパフォーマンスなどで、これまで目立たなかったクラブチームにスポットを当てた。
これを契機に、全国各地に元プロ選手やタレントによるクラブチーム設立が相次いだ。今年に入り、日本野球連盟もバックアップ。茨城GGが全国のクラブチームと対戦する「ゴールデンチャレンジカップ」を後援するなど、順風満帆の中での、まさかの不祥事だった。

山本はチームの遠征中だった…
16日夜、函館市内の花火大会で、未成年の女性4人と知り合い、飲食店で4人に飲食させ、うち1人とみだらな行為にいたった。17日午前、少女が被害届を提出。北海道警は性的暴行の疑いで捜査を始め、山本から任意で事情聴取した。チームはこの日、地元チームと親善試合を行ったが、山本は「体調不良」を理由に姿を見せなかった。球団関係者によると、ほかのメンバー2人も山本と飲みに行ったが、その後、解散したという。2人も事情を聴かれたが、関連はなかったという。

萩本監督には17日夜に、
山本から直接、謝罪の電話が入った。「とんでもないことをしてしまった。すいません。あの…」と説明しようとしたが、監督は「何も言うな。内容は知りたくない」と電話を切った。監督は「でも、あいつ、選手の面倒をだいぶ見てくれたんだよ。99%、バカって言いたいけど、あー、分かんねえ。どうしてあげることもできないから、一緒に謝るしかない」と、途方に暮れたように話した。

 人気球団だけに社会的、道義的責任を痛感していた。「僕には責任がある。山本が反省して、どっかで仕事をやるまで責任がある」とも話した。今後の球団の予定は白紙となった。関係者は「監督の気持ちは固いと思う。ただ、ファンに支えられてきたという特性上、これからファンやスポンサー、連盟関係者などまさざまな意見を聞いて、最終的な方向を決めることになると思う」と話した。

 チーム発足からわずか1年半での解散。萩本監督は「ユニホームが大好きだったの。夢列車なんてデカイことを言って、どこにもたどり着かなくてね…。できることならまた野球をやらせて、そういうだらしないセリフもちらちらする。今は『ごめん』と『ありがとう』だけです」と、無念そうに話した。

しかし今朝の「みのもんた朝ズバッ!」(TBS系)に電話で生出演し
「かわいい選手を1番悩ませちゃったのかもしれない。弱ったなあ。もう1度何か考えなきゃね、もう1つ頑張らなきゃ」と話し、決断に迷いを残した複雑な心境を吐露した。
[PR]
by hide-cite | 2006-07-20 11:25 | 野球
王監督…手術成功!
    2006年 07月 19日
ソフトバンク・王貞治監督(66)の胃を全摘出手術!!
慶大病院・北島政樹教授(64)らが18日、東京・新宿区の
慶大信濃町メディアセンターで会見。

胃がんだったことを明らかにした上で、10日前後で退院できる見通しを明らかにした。
この日、王監督は早くも病室の中を歩き出した(^O^)

胃の全摘出という9時間にわたる大手術から一夜明け、全国民が注目した記者会見。慶大病院の北島教授ら医師団は、王監督が「早期の胃がん」だったことを明らかにした上で「手術は成功した」と明言した。

がんは胃の上部から中部にかけて約5センチ。医師団は「リンパ節1カ所に転移していたが、切除した。肉眼上は(他の臓器への)転移はない」と説明した。しかも、開腹手術をせず腹腔鏡を使った手術だったため、負担を最小限にとどめることにも成功。一般的には10日前後で退院、自宅静養が可能であることもわかった。

その言葉を証明するように、この日王監督は医師の問いかけに「特に痛みはありません」と語るなど、順調な回復ぶりを見せている。すでに病室を5度にわたって歩き、さらには福岡にいる金森打撃コーチに指示まで出していた。

病室でスポーツ紙をチェックして目が留まったのが、楽天・フェルナンデスがロッテ戦で放った21号3ランの写真。両脇をきっちり締めた理想的な打撃フォームを、ソフトバンク打線のお手本にしようというのだ。

「この写真をコピーして、金森(打撃コーチ)に送ってください」と、王監督は関係者にファクスを依頼。前日も球団関係者への電話で左でん部の膿瘍に苦しむ松中の状態を気遣っていたが、この日は技術的な“遠隔指導”まで行った。自分のことよりもチームのことを優先させる王監督のスタンスは、こんな状況でもまったく変わりなし。金森コーチはさっそく写真をヤフードームのロッカールームに張り、指揮官の思いを代弁した。

こうなると早期復帰が期待されるが、胃を全摘出した上に転移部分を切除したことには間違いない。医師団は「早い社会復帰を願うが(王監督を)むしろ抑えていかなければいけない」と慎重な姿勢を見せた。なにより重要なのは、これからも支えていく家族の気持ち。退院の時期を含めて相談することになった。

いずれにしても、王監督自身が復帰に向けて力強い第一歩を踏み出したのは事実。あとは、その“ゴール”までの道のりを応援するだけだ。
[PR]
by hide-cite | 2006-07-19 12:59 | 野球
大分・広田投手(高校野球)
    2006年 07月 16日
 何故?突然の出来事だった…中学3年の6月。
学校の昼休みの終わりに頭痛を訴え保健室へ行った。
そこで意識を失い病院に直行…原因不明の脳梗塞(のうこうそく)で倒れ
5日間、集中治療室に入った。

中学時代はエースで4番。
3日前にチームを県大会出場に導いたばかりだった。
それでも、7月の終わりの県大会は車イスに乗りスタンドでチームを応援した。

「野球がしたい」

この一心でリハビリに取り組んだ。

高校入学後は練習は別メニュー。
ボールを壁に投げつけ自分で取りに行くなど、1人での練習が多かった。
だが、状態が飛躍的に良くなったのは今年4月。
プロ選手が多く通う鳥取県のスポーツジムに上尾隆一監督(44)と行き、
専門的なトレーニングを学んでからだ改善されつつあった。
左足のまひが良化し、軽いランニングならみんなと一緒にできるようになった。
5月に初めて試合に登板した。懸命なリハビリが実った瞬間だった。

スタンドで見守った母美穂さん(43)は…
「野球のおかげでここまで良くなったんだと思う」と涙を流した。
辛いリハビリ生活を乗り越え、最後の夏にこん身の投球を披露した。

さぁ大分大会!!
高田戦で先発登板した広田投手。
捕手からの返球を受けるのが困難なため、走者を出した時点で交代の条件登板

「緊張はしなかった」夢にまで見た夏のマウンド。
プレートに足をかけた広田は大きく背を伸ばした。
e0007617_1183174.jpg
初球ボール。2球目、そして3球目もボール…。いきなりカウント0-3。
「気持ちで投げた」広田は開き直ると4球目は直球でストライク!
5球目はファウル。追い込んだ。6球目もファウル。そして7球目…

「もっと投げたい」という思いで力みが入ったのかボールは外れた。
7球で広田投手は条件通りマウンドを譲った。

チームは8回コールドで敗れたものの「夢はプロ野球選手」と、
今後も白球を追い続ける。

チームの敗退で広田の夏は終わった。だが、涙はなかった。

「もっと投げたかったけど、悔いはありません。
目標はプロ。卒業しても野球は続けます」


夢を捨てずに諦めずに、頑張れ広田くん(^O^)
[PR]
by hide-cite | 2006-07-16 01:20 | 野球
          
   
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30