<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
   
23秒のデビュー
    2006年 02月 28日
オリンピックが終わりホッとしたのも束の間!
亀田大毅が「23秒デビュー」…兄貴の44秒をしのぐ戦いをした。

そして、また「兄超え」を果たした。
TBSが27日、前日26日のデビュー戦中継が平均13・8%、
瞬間最高20・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、

日曜日の午後4時からの放送では異例の高視聴率だったことを発表!
兄興毅が東洋太平洋王座を獲得した昨年8月のワンミーチョーク戦は、
今回と同時間の放送で平均10・6%、瞬間最高は19・5%。
兄のデビュー戦の44秒を上回る23秒KOに続き、2つ目の快挙達成だ。

初勝利の興奮から一睡もできないままTBSの早朝の番組に
出演した大毅だったが、予想以上の結果に…

「ごっつうれしいわ。オレは視聴率ホルダーや」と眠気も吹き飛んだ。
KO後の熱唱は試合後の視聴率の低下を防ぎ、平均の数字を押し上げた。

トレーナーの父史郎氏も…
「怪物数字や。何もかもパーフェクト。次も歌い続けなアカンな」
と大毅以上に感激した。

弟はまだ中学生。
これから北京オリンピックを目指すが「俺のデビュー戦は10秒や」
と何とも頼もしい発言(^O^)
[PR]
by hide-cite | 2006-02-28 19:39 | 格闘技
オリンピック閉幕
    2006年 02月 27日
寝不足だった方も多いことでしょう(自分もそうです!)
皆さんは何に興味を持ちましたか?感動した競技は?

「冬の競技なんて興味がなかった…オリンピックを観て面白いと思った。」
なんて話も聞きました。
17日間に渡って行われた「トリノ冬季オリンピック」が終わります。

多くの選手達が4年に1度の大会に向けて頑張ってきました。

目標どおりの成果を出した選手…
思ったとおりのコンディションで望めなかった選手…

色々な事があったと思います。
選手だけではなく、サポートしたコーチの皆様お疲れ様でした。
オリンピックという大会に参加出来た喜び…味わってみたい(^O^)

早くも4年後のバンクーバーに向けて戦いは始りますね☆


女子フィギュアスケートを生中継したNHKの
瞬間最高視聴率は…
関東地区が24日午前7時11分の43・1%
関西地区が同7時10分の36・7%だった!!
[PR]
by hide-cite | 2006-02-27 15:43 | 五輪
フィギュアスケート・エキシビション
    2006年 02月 25日
日本フィギュア史上初めて五輪金メダリストになった
1時間しか寝ていない荒川選手がエキシビション出演!!
ファンに「女王の舞」を披露した。

しっとりと情感を込めて舞う姿には女王の貫録が漂った。
24日のトリノ冬季五輪フィギュアスケート・エキシビション。

金メダリストの荒川静香は…
「オリンピックチャンピオンとして滑るからには自分の一番いいものを
見てもらいたかった。五輪のエキシビションで滑ることは名誉なこと」

と笑顔で話した。

青の衣装を着た荒川選手は、
女性ボーカルが歌う「ユー・レイズ・ミー・アップ」のスローテンポの
バラードに乗ってビールマンスピンや3回転トーループなどを優雅に演技。
体を後ろに大きく反らせる得意の「イナバウアー」も披露。
満員の観衆は酔いしれるように見入った。

リンクに登場する際は、金メダリストとして紹介され
「気分よく出て行けました」とコメント。前日は1時間しか眠れず
「ジャンプのときに目が回ってました」と報道陣を笑わせた。

スタンドで見守った母佐知さん(51)は…
「わたしの子じゃないみたい」と感激の面持ち。
父晃市さん(53)は…
「本人にとって集大成になったんじゃないかな」と目を細めた。


村主選手も薄紫のコスチュームを着てリラックスした様子。
小道具に使った赤いボールの中からプレゼントを取り出し、
客席に投げ込むパフォーマンスも(^O^)

最後は得意の高速スピンで締めくくり、
テレビカメラに「グラッツィエ(イタリア語のありがとう)」
「試合と違うものが出せてよかった」とほほ笑んだ

e0007617_18511742.jpg

日本に帰ってから、まだまだフィーバーは続きそう(^O^)
[PR]
by hide-cite | 2006-02-25 18:52 | 五輪
☆荒川静香☆金メダル
    2006年 02月 24日
やった~(T T)
女子フィギャアスケート…
アジアの選手がオリンピックで初の金メダル!
日本人選手では初メダルが金メダル(^O^)
長野から8年…「上手くなるんだ!」という思い。
夢に向かって最大限の努力をした、荒川静香の頑張りに大拍手!!

荒川は3回転=3回転=3回転はなかった!
しかし!3回転=2回転などスピンをキッチリ決めてきた。
全体的はプログラム構成は文句のつけようがない(^O^)
滑り終わったあとは場内スタンディングオーベーション☆

【荒川静香】優勝
「本当に驚いている!!
今回は五輪を楽しめればと思っていたので、メダルを取れるとは
思っていなかった。2年ぶりにパーソナルベストを更新したのにも驚いた。
1つミスがあったが、楽しく滑ることができてよかった。」



村主は3回転ジャンプが2回転になるなど
コンビネーションの変更があったようだ。
やはりオリンピックという大舞台。滑っている者へのプレッシャーが…。


【村主章枝】4位
「やれるだけやったので満足している。メダルには手が届かなかったが、
今日の結果を受けとめて次につなげたい。
自分の力は出し切れたと思う。応援していただいた
観客のみなさんに感謝している」



安藤は4回転にチャレンジしたが失敗。
でもチャレンジすることは大切!拍手を送りたい(^O^)

【安藤美姫】15位
「…すごく疲れた!
初めてのオリンピックで雰囲気が違うことが分かった。
ただオリンピックという舞台に立てるだけで素晴らしかった。
けど、もっと笑顔で滑りたかった。」


女王スルツカヤ、コーエンが、まさかの転倒!
日本人に初のメダルをもたらした☆

 
[PR]
by hide-cite | 2006-02-24 07:06 | 五輪
3人の舞姫達が登場!
    2006年 02月 22日
女子のショートプログラムが行われた。
日本勢では荒川静香が66・02点の高得点で3位☆
荒川は表現力豊かな演技で首位と0・71点差につけた。

村主章枝は61・75点で4位、安藤美姫は56・00点で8位につけ、
そろって上位24人によるフリーに進んだ。

首位は全米選手権覇者のサーシャ・コーエン(アメリカ)。
2位は、昨年の世界女王イリーナ・スルツカヤ(ロシア)


【荒川静香】 
「(66点台には)びっくりした。
8年前に始めて五輪に出た時は、緊張で何が何だか分からなかったが、
今回の五輪では一つ一つを丁寧に、五輪の雰囲気を感じながらやろうと思った。
まあまあ落ち着いて滑ることができた。
これで過信せず、フリーではマイペースで滑りたい」


【村主章枝】
「お客さんが温かい拍手を下さったし、こういう場で滑れて本当によかった。
ちょっと細かいミスもあったので、フリーに向けて修正していきたい。
お客さんに光と影、希望の道を示せればいい」


【安藤美姫】
「すごく緊張した!!ジャンプの失敗はすごく悔しかったけど、
この夢の舞台でこの衣装を着て滑ることができたのがうれしい。
ルッツの2個目がいつも以上に流れた。エンジョイできたし、
思い出に残る試合になった」


【イリーナ・スルツカヤ(ロシア)】
「いい滑りができたことはハッピーだ。それが重要なことだ。
わたしがどう感じたかは話したくない。わたしの心の中にとどめておきたい」

女王コーエン、スルツカヤの滑りは完璧(@@)
村主の演技も完璧であったが芸術点が低かった…。
ミキティは是が非でも4回転を試みるであろう…。
荒川は積み重ねてきた事をキッチリこなせる精神力がある…。
さぁ誰が“女王”になるのか楽しみ(^O^)
[PR]
by hide-cite | 2006-02-22 09:36 | 五輪
お金じゃないが…
    2006年 02月 21日
オリンピックではよくある事でもある『報奨金』
各国はどうなっているのでしょうか?

米国は金メダリストに2万5000ドル(約288万円)。
フランスはこれの倍近い4万ユーロ(約560万円)が贈られるという。

一方でカナダ、英国には報奨金はない!!
今大会のフィギュアスケート男子銅メダルのジェフリー・バトル(カナダ)は
「頭にあるのは自分の競技で1番になることで、
             そこで1番リッチになることじゃない」
とコメント。
カーリングのデービッド・マードック(英国)は
  「金メダルがあれば幸せ。お金に興味はない」と笑い飛ばした。

 照的にロシアは、同国スポーツ庁のフェティソフ長官が
「ほかの国よりも高額を出している」と大盤振る舞いのようだ。

日本は92年アルベールビル冬季五輪から報奨金を出しており、
今大会は金に300万円、銀に200万円、銅に100万円が支給される。

メダルを取ればお金ももらえる…
「参加することに意義がある」と言っていたオリンピックは…?!
[PR]
by hide-cite | 2006-02-21 19:52 | 五輪
安藤美姫に対する質問
    2006年 02月 20日
試合前…選手達は笑顔でいながらも
はかり知れないプレッシャーがあるのを分かっていないのか?
しかも日本人記者が質問したなんて呆れてしまう!


この記事を読んでムカツイタ(><)

トリノ五輪フィギュアスケート女子代表の安藤美姫が号泣した。
19日の記者会見で亡くなった父に対する質問に突然泣きだし、
会見もそのまま終了した。

安藤の瞳から大粒の涙がこぼれた。
会見終了間際、テレビ局の日本人記者の質問を受けた直後だった。

「亡くなったお父さんに、どんな誓いを持って滑りたいか」

予期していなかった話題に、安藤は涙声になった。
「えっと…」とつぶやいた後、声を絞り出して…
「プライベートなので、そういう質問にはお答えできません…」
それが精いっぱいだった。
キャロル・ヘイス・ジェンキンス・コーチから頭をさすられ、
泣きながら会見場を後にした。

8歳の時にバイク事故で父を亡くした。
大好きだった父との思い出は、ずっと自分の胸の中だけに閉じ込めていた。
形見の結婚指輪を今も胸のネックレスに通している。

04年の全日本選手権の会見でも父の質問に…
「愛するスケートに出会えたのは父のおかげ。お父さんに空から五輪を見てもらえるように頑張っているんです」とだけ話し、涙を流した。
以来、周囲も気を使って家族の話題には触れなくなっていただけに、
突然の質問に安藤も意表をつかれた。

もっと気を使うべきではないのか?
初のオリンピック…4回転ジャンプ…メダルへの期待…
周囲からの雑音を避けるためにアメリカからトリノ入りをしたのに。
確かにメダルは1つも取れていない。
新たなプレッシャーを与えて、安藤選手を潰したいのか?

[PR]
by hide-cite | 2006-02-20 15:23 | 五輪
☆カーリング☆
    2006年 02月 20日
ハマル!はまる?!カーリング(^O^)
強豪カナダを撃破した後のスウェーデン戦は、延長戦の激闘。
しかし、昨年の世界選手権を制し、1次リーグ首位の強敵にわずかに及ばず、
痛い1敗を喫した。
しかし、日本は前回ソルトレークシティー五輪金メダルのイギリスを
10−5で破って3勝目を挙げ、準決勝進出に望みをつないだ。

2勝4敗と、負ければ1次予選敗退が決まる一戦で、
日本はスキップの小野寺歩(27=青森県協会)がこの日も好調。
第5、第9エンドと3点を奪い、最終エンドを待たずに勝負を決めた。

3勝4敗…残り2試合を何とか勝ちたい!
決勝は上位4チーム。負けられないO(^-^)O
e0007617_21132100.gif

[PR]
by hide-cite | 2006-02-20 02:13 | 五輪
トリノ五輪のメダル
    2006年 02月 18日
冬季五輪のメダルには、土地の特色を生かそうと知恵を絞る。

【94年リレハンメル大会】
ジャンプ台の建設の際に採取されたスパラグミットと呼ばれる石をはめ込む。

【98年長野大会】 漆塗り

今回のトリノ大会は…
イタリア人デザイナーの手による中央の穴は、
イタリアの町で生活の中心となる「ピアッツァ(広場)」をイメージしたという。

真ん中に穴があいたドーナツ型。
トリノ冬季五輪で授与されるユニークなメダルのデザインに、賛否の声が!!
「大型の5円玉」「コンパクトディスクみたい」―。
表彰式では穴からのぞいてみる選手も現れた(^O^)

歓迎したのはバイアスロンの選手達。
女子15キロで優勝したスベトラーナ・イシムラトワ(ロシア)は
「真ん中の穴はまるで射的。
バイアスロン用に作ったみたいなメダルだわ」
と喜んだ!

重厚なデザインを好む「伝統派」には受けが悪い
日本選手団の遅塚研一団長は…
「ちょっと権威がないんじゃないかな。違和感がある」
ただ日本勢は今大会第8日までメダルなし。
ある関係者は…
「全体的に安っぽい印象だけど、もらえたらうれしい。早く欲しい」と(;^^A
e0007617_1974734.gif


【女子スノーボード・クロス】
藤森由香(19)が初めての五輪挑戦で7位入賞を果たした。
予選を15位で通過した藤森は競争相手の転倒という運にも恵まれ、
2位で準々決勝を突破。
準決勝で最下位となり、5−8位決定戦へ回り、7位となった。

7位は五輪スノーボードでの日本女子の最高成績だが藤森は…
「7位はムカツク。悔しい。実力がそこ(まで)だということが分かった。
スタートで1番に出たかったけど、できなかった。これからはすべての面でレベルアップしたい」
と話した。

優勝はターニャ・フリーデン(スイス)。
決勝のゴール直前で転倒し逆転されたリンゼイ・ジャコベリス(米国)は…
最後のジャンプでグラブ(ボードをつかむ)のパフォーマンスをしようとしたのが
裏目に出たようだ。「すべてが上手くいくように思えた…」とうなだれていた。
最後の最後まで何が起こるか分からないスノーボードクロスは面白かった(^-^)
[PR]
by hide-cite | 2006-02-18 19:28 | 五輪
連日オリンピック…
    2006年 02月 17日
【男子フィギュアスケート】
最終24番目に登場した高橋大輔(ショートプログラム5位)
総合204・89点で8位に終わった。

24番目…プレッシャーもあっただろう、冒頭の4回転を転倒!
その後もジャンプやステップでバランスを崩した。
中盤では3回転ジャンプに成功したが、同じ種類のジャンプを多く跳びすぎて
得点されないミスもあり、フリーだけでは9位に沈んだ。

【スピードスケート団体追い抜き】
今大会から採用された3人1組でタイムを競うレースが導入。
先頭が早くても、3人目が入った時点でのタイム!

女子チーム(田畑、石野、大津)はロシアと3位決定戦に挑んだ!
残り2周手前のカーブ。日本はまだリードしていた。
だが、先頭を譲るために外側に膨らんだ大津の体重が後ろにかかり過ぎ、
尻もちをつくとそのままコース外側のクッションに突っ込んだ。
まさかの転倒で、日本のメダルの夢が消えた。

天を仰ぐ21歳の大津。
コーチに支えられ、リンク内側のベンチに座ると涙がこぼれた。
だが、気丈に振る舞った。再び立ち上がってリンクを周回すると、
硬い表情ながらスタンドに手も振って見せた。

“守りの滑り”で転んだのなら納得が行かないが
終始し“攻めの滑り”で挑んだ大津選手…
日本チームに拍手を送りたい
(^O^)

冬季オリンピックでハマル種目…カーリング!
“氷上のチェス”と言われるほど、繊細な考えと大胆な行動!!
これが観ていて面白い。各国の選手達の技術も素晴らしい☆
[PR]
by hide-cite | 2006-02-17 10:31 | 五輪