<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
   
青のハンドタオル
    2006年 08月 26日
高校野球は終わってしまったが、日米高校親善野球がある(^-^)

夏の甲子園を沸かせた球児たちが全日本合宿のため大阪に集結!

初顔合わせのぎこちない雰囲気を「青いハンドタオル」がほぐした。

優勝した早稲田実・斎藤佑樹投手のトレードマークとして有名になった
“あのタオル”(同じものはもう売ってないが…)

今治西の宇高幸治遊撃手が地元特産のハンドタオル20枚!!
をお土産に持参して選手全員に配った。

ハンドタオルで汗を拭く姿は、町なかでも見かける(^O^)
プロ野球選手もマネたり…。

一時のイナバウアーブームと同じかな?
[PR]
by hide-cite | 2006-08-26 01:45 | 野球
早実…夢叶う!!
    2006年 08月 22日
第88回全国高校野球選手権大会最終日は21日、
駒大苫小牧(南北海道)-早実(西東京)の決勝再試合を行い、
早実が4-3で勝った(><)
1915年の第1回大会から通算27度目の出場、3度目の決勝進出で
悲願の全国制覇を果たした。早実は春の選抜大会では、
57年に王貞治・現ソフトバンク監督を擁して優勝している。

王先輩、荒木先輩の思いを背負って…
144キロの直球!斎藤の夏の甲子園通算948球目。
宿命ともいえる最後のバッターは田中…田中のバットが空を切り、
2日間にわたる激闘に幕が下りた。クールで鳴らす男も、さすがに涙をこらえられない。

「今までで一番うれしい」
涙声で言葉になっていなかったが、確かにそう言った。

「本当に4日連投なのか?」
9回になっても140キロ以上の直球を投げ込み、スライダーの切れる。
「疲れはあったけれど、最後は気持ちでした」
九回に中沢に2点本塁打を浴びて1点差に迫られた!!

その時、ピッチャーマウンドに内野手が集まった。
皆で一呼吸し空を見詰め、落ち着きを取り戻した。
印象的なシーンだった!!

「先輩の思いが斎藤に乗り移っていたようだった。
斎藤を支えるチームメートも想像以上だった」

和泉監督の目は潤んでいた。

そんな恩師にエースは…
「ここまで成長できたのは監督のおかげ。勝ったことよりも、
監督に優勝させてあげたことの方が…」
と、泣かせるセリフを口にした。

1915年の第1回大会から数えて、27度目の出場で勝ち取った全国制覇。
あと一歩まで迫った駒大苫小牧の3連覇を止め、伝統校に初優勝をもたらしたのは、
超人的なスタミナで淡々と投げ続けた右腕だった。

「王先輩も荒木先輩もなし得なかった優勝を達成できた」
喜びに浸る斎藤の後方、三塁側アルプス席では応援歌「紺碧の空」の大合唱。
その光景が歴史に1ページが刻まれたことを物語っていた。

e0007617_0184814.jpg

両校の選手、監督、コーチ、応援団…感動をありがとう☆
ダイジェスト番組を観ていても涙が止まらない(TT)
[PR]
by hide-cite | 2006-08-22 00:20 | 野球
壮絶…高校野球
    2006年 08月 21日
第88回全国高校野球選手権大会は20日、
駒大苫小牧(南北海道)と早実(西東京)が互いに譲らず、
延長十五回1-1で引き分けて21日に再試合となった。

決勝での引き分け再試合は1969年の第51回大会で松山商(愛媛)と三沢(青森)の
延長十八回0-0(再試合は松山商が4-2)以来、37年ぶり2度目。


◆脇村春夫・日本高野連会長の話 
「乱打戦の多いこの大会で、ひときわ素晴らしい投手戦だった。球史に残る感動的な決勝戦で、まさに両チームに優勝旗をあげたい気持ちになった」

★早実OB王監督

早実OBのプロ野球ソフトバンク、王監督は全国高校野球選手権決勝の引き分け再試合の熱戦を「両チームとも死力を尽くし、夏の決勝戦にふさわしい球史に残るいい試合でした。両校ともお見事」と、球団広報を通じてたたえた。

胃がんの手術を受けて東京都内の病院に入院している王監督は母校の戦いをこれまで同様、病室でテレビ観戦した。21日の再試合へ「疲れを乗り越え、ここまで来たら、勝ち負けを考えず全力を挙げて戦ってください」と、エールを送った。


<引き分け再試合> 
春夏の甲子園大会では、1958年夏の第40回大会から延長十八回引き分け
再試合規定が設けられ、この大会の準々決勝、徳島商(徳島)-魚津(富山)が
第1号となった。
69年の第51回大会決勝では松山商(愛媛)-三沢(青森)が0-0で決着せず、
再試合は松山商が4-2で制した。2000年春から延長十五回打ち切りに規定が
変更された。夏の大会での引き分け再試合は今回4度目で、決勝では2度目。


☆第51回大会決勝で三沢のエースとして18回を投げ抜いた太田幸司氏の話 
「(自分の時は)疲れたとは思わなかったが、試合後には次の日のことを考えられなかった。食事も取れずに、水分ばかりを取った。当日になって観客を見たら、体が動いた。両チームには頑張ってほしい」

e0007617_1224864.jpg
e0007617_123856.jpg
[PR]
by hide-cite | 2006-08-21 01:23 | 野球
強い!女子バレー
    2006年 08月 20日
昨日のキューバ戦に続いて勝った!

日本は韓国を3-0(25-20、25-20、25-17)で破り、
2戦全勝とした。韓国は2連敗。

日本は韓国のブロックに苦しみながらも高橋みゆきの強打や
時間差攻撃などで第1セットを奪った。
競り合った第2セットも途中出場した落合のスパイクで流れを変え、
第3セットも押し切った。

大会3連覇を狙うブラジルはキューバを3-1で下し、2連勝した。

今日はブラジル戦(><)
ブラジルは強いが、流れを掴めれば勝機は必ずある。
打点の高いブロックは日本も負けてはいない!
[PR]
HGと鈴木杏奈…結婚!
    2006年 08月 10日
スポーツ関係では無いが…

レイザーラモンHG(30)と、
交際中の12代目ミニスカポリスのタレント鈴木杏奈(22)が
9日、結婚することが分かった。近く発表予定!

2人は昨秋、友人の紹介で知り合い、年末を迎えるとHGから交際を申し込んだ。
お互いにプロレス好きで笑いのツボが似ていることで意気投合。
今年1月には初詣でデートを楽しんだ。そこからは、一気に交際が深まり、
春ごろからは半同せい状態となった。
6月末までに双方の実家であいさつを済ませたとの情報もある。

ブログを通じて知り合った“あんちん”おめでとう(^O^)
HGとの交際が発覚してから、色々と言われて大変だっただろうけど
これからは堂々と自分に正直に歩いて下さいね。
*体重が左に掛かるクセ!注意して☆
[PR]
by hide-cite | 2006-08-10 08:35 | 人物
夏バテ(><)
    2006年 08月 07日
何故夏バテは起こるの?

気温が上がる …これはしょうがない事
   ↓
汗をかく…汗が出るのは代謝が良い証拠。出ない方が危険!
   ↓
のどが渇く…のどが渇く前に水分補給
   ↓
水分補給…ガブ飲みをしないよう注意 !
   ↓
体内の塩分が不足…水分補給をしないでいると → 体がだるくなる

やがて食欲もなくなり、あっさりした食事に偏りがちになり、
冷たい飲み物を摂りすぎて胃の機能が低下するという、悪循環が生じます。

更に暑さで眠れず、睡眠不足になる!
又、冷房の効きすぎや室内と室外の温度差が大きいと、
自律神経が失調状態になり、ますます体調不良となります。

皆さん是非気をつけて下さい(^O^)
[PR]
by hide-cite | 2006-08-07 01:08 | 健康
ジャイアンツ
    2006年 08月 05日
巨人が単独最下位に…。

最下位は昨年6月11日(広島と同率5位)以来だが、
8月以降では75、97年に次いで球団史上3度目。

原監督は…
「選手の一挙手一投足をしっかり記憶の中にとどめておかないと」
と厳しい表情(><)

今のジャイアンツに足りないものは
ガムシャラに野球をする事ではないのか?
自分が小学生のころ
「バッチ来いや~」「ピッチャービビッテる~」など
の声だしをしていたし

中学生時代の部活動では
「♪押せ押せ~」などの応援が仲間からあった。

ただプロの世界でこんな応援は出来ないであろう。
でもチームを盛り上げることが必要だし大切☆
それが誰なのか?
今のジャイアンツにはそのような人物が見当たらない。
[PR]
by hide-cite | 2006-08-05 07:12 | 野球
本日世界戦!!
    2006年 08月 02日
e0007617_732195.jpg“マジギレ”

亀田興毅の前日計量が1日、都内で行われた。

初の世界挑戦に臨む興毅(19)が、
対戦相手であるフアン・ランダエタ(27)から

「紙おむつ」「おしゃぶり」を贈られる屈辱に怒り心頭!!

左拳で叩き落とし、無言で退場した。
計量は亀田がリミット(48.9キロ)、ランダエタは100グラムアンダーで
それぞれ一発クリアした。



事件が起きたのはスケール(秤)を降りたときだった(><)
(実際は秤に乗ろうとした時から、ランダエタは渡そうとしていた。
しかし係員に「待て」と言わんばかりに静止されていたが…)

隣に立ったランダエタが「カメダ・カメダ」と呼び止め、何かを手渡そうとした。
その贈り物に視線を落とした亀田の表情が、みるみる険しくなっていく。

「なんじゃ、オラー!! オイ、こら、カモン!ベイイビ~」と叫んで詰め寄る。
まさに、一触即発。

激怒した父の史郎トレーナー(41)も「お前がやったれや」と、
拾った紙おむつをランダエタ陣営に向かって投げつけた。


それだけでは終わらなかった…
史郎さんが両者に握手を促したが、
ランダエタは「明日だ、明日」と受け流して拒否。

興毅は…
「俺の方が握力があるから握り潰したらアカン」
と相変らずのコメント(^O^)

一筋縄では行かない世界戦!
それを呆気なくやってしまうであろう亀田興毅☆
「オヤジの為…兄弟の為にベルトを取る!チャンピオンになったる!!」
この夢が今日叶うO(^-^)O
[PR]
by hide-cite | 2006-08-02 07:32 | 格闘技
          
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31